忍者ブログ

読んだ本の備忘録。 最近読み終わったもの、過去に読んだもの、 読み返したもの。全部は書けないけどボチボチと。 ジャンルにこだわりはありません。 人と面白いと思うツボが違う事が多々あります。 感想文苦手です(致命的)。

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みゆき
性別:
女性
自己紹介:
日常の垂れ流し日記は
下記リンク「ハッピネス」へどうぞ。
最新CM
[01/14 みゆき]
[01/12 Sugar]
[01/12 みゆき]
[01/12 みゆき]
[01/10 Sugar]
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「トワイライト」ステファニー・メイヤー
雨と霧の街、フォークスで出会った吸血鬼エドワードと少女ベラの禁断の愛の物語。


随分前から気になっていた本でした。(ヴァンパイア物が好きなので)
が、若い子向けの本にカテゴライズされているせいなのか(実際アメリカでも10代に人気があるらしい)
字が大きくてページがあっと言う間に終わってしまうことと、表紙が気に入らなかったことで二の足を踏み続けてしまい、結局映画化が決まり文庫化した去年の春頃、読んだのでした。
表紙が気に入らなかった理由は、描いた人には申し訳ないけれど(結構人気な人らしいです。)好みじゃないこと、それと読む前から人物像を先に描かれたくない自分の嗜好から。
文庫化して取っ付きやすい表紙になったのは幸いでした。
さて中身ですが、読みやすく、2人の恋が微笑ましくもあり面白かったですね。
恋愛物は苦手なのですが、非現実なものが絡むのは好き。(前出の「ザ・マミー」も結局恋愛小説だし)
でもベラに「吸血鬼」だと言うことを気付かれてしまった時のエドワードの反応だとか、
長く生きてきていること、血を飲まなくちゃいけない苦悩だとか、そういう所は詰めが甘い気がしました。
だけど、作者はきっとアン・ライスのヴァンパイアシリーズを読んでいると思うな。
随所にそんな感じが出ています。
この小説がもっとヒットして、翻訳が止まってしまっているアン・ライスのシリーズも再開されたらいいのに...と淡い期待を抱いてしまいました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Designed by 桜花素材サイト