忍者ブログ

読んだ本の備忘録。 最近読み終わったもの、過去に読んだもの、 読み返したもの。全部は書けないけどボチボチと。 ジャンルにこだわりはありません。 人と面白いと思うツボが違う事が多々あります。 感想文苦手です(致命的)。

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みゆき
性別:
女性
自己紹介:
日常の垂れ流し日記は
下記リンク「ハッピネス」へどうぞ。
最新CM
[01/14 みゆき]
[01/12 Sugar]
[01/12 みゆき]
[01/12 みゆき]
[01/10 Sugar]
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「イノック・アーデン」アルフレッド テニスン
実直で逞しい船乗りイノックは、妻子の為に一山当てようと航海に出る。
ところが遭難して孤島に流され、一緒に流れ着いた仲間も力尽きて行く。
妻子に再び会う事を夢に見て孤独に耐えるイノック。
そしてようやく十数年の時を経て戻って来たイノックが見た物は、
自身の幼なじみであり、そして小さい頃からずっとイノックの妻・アニタを密かに思い続けていたフィリップと仲睦まじく暮らす妻子の姿だった...


もうすぐこの本の朗読劇に行くので読みました。
内容はありがちと言えばありがちだけど、物語詩というだけあって、
言葉の選び方が美しいです。
新訳と旧訳があって、私が読んだ方は新訳。
どちらが劇に使われるのかは解らないけれど、旧訳も探して読みたいと思います。
劇に行ったら感想は本家で書きます、多分。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
テニスン、名前しか知りません。
詩人ですよね。イギリスの人だったでしょうか?
Sugar URL 2009/01/10(Sat)17:56:08 編集
Sugarさん
そうです、イギリス人、侯爵様かなんかです。
私も遠い昔にチラッと聞いたくらいの記憶で、まさか読むとは思いませんでした
みゆき 2009/01/12(Mon)16:21:36 編集
ブンガク
やはりそうでしたか。
むかーし読んだ本の中で,登場人物が話題にしていたような気がします。

でもそれが,赤毛のアンなのかあしながおじさんなのか全く別の作品なのか,思い出せません。。。
子どもの頃イギリスものが好きだったのです。
Sugar 2009/01/12(Mon)18:24:17 編集
Sugarさん
あーアンが読んでそうですよね、イメージ的に。
私はなんか...英語の授業に出て来た気がします。グラマーで。
みゆき 2009/01/14(Wed)17:34:58 編集
Designed by 桜花素材サイト