忍者ブログ

読んだ本の備忘録。 最近読み終わったもの、過去に読んだもの、 読み返したもの。全部は書けないけどボチボチと。 ジャンルにこだわりはありません。 人と面白いと思うツボが違う事が多々あります。 感想文苦手です(致命的)。

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みゆき
性別:
女性
自己紹介:
日常の垂れ流し日記は
下記リンク「ハッピネス」へどうぞ。
最新CM
[01/14 みゆき]
[01/12 Sugar]
[01/12 みゆき]
[01/12 みゆき]
[01/10 Sugar]
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「廃用身」久坂部 羊
廃用身とは、脳梗塞などの麻痺で動かず回復しない手足をいう医学用語。
老人医療にあたる医師漆原は、体の不自由な患者の画期的な治療法を思いつく。それは廃用身の切断だった...


フィクションだと解って読み始めても、途中なんども「本当の話が元?」と思わせる本。
前半が漆原医師の治療効果についての原稿、後半がそれを本にしようとした編集者の手記、というつくり。
私自身が職場で老人介護施設や障がい者の方と行き来があるので、少し現実を知っているという事もあって、
介護スタッフ、家族の辛さ、接するお年寄りの話など、余計本当にあるような気がして仕方なかった。
そこが麻痺しているから、動かないから切るなんて、道徳的には全く許されるべきじゃないことながら、
だけどそれで本人が、周りが少しでも幸せになるなら...と考えてしまう登場人物を一概に非難できなくて...。
色んな意味で怖い本でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Designed by 桜花素材サイト