忍者ブログ

読んだ本の備忘録。 最近読み終わったもの、過去に読んだもの、 読み返したもの。全部は書けないけどボチボチと。 ジャンルにこだわりはありません。 人と面白いと思うツボが違う事が多々あります。 感想文苦手です(致命的)。

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
みゆき
性別:
女性
自己紹介:
日常の垂れ流し日記は
下記リンク「ハッピネス」へどうぞ。
最新CM
[01/14 みゆき]
[01/12 Sugar]
[01/12 みゆき]
[01/12 みゆき]
[01/10 Sugar]
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「破獄」吉村 昭
犯罪史上未曽有の4度の脱獄を果たした無期刑囚佐久間清太郎。
逃げようとする者と閉じ込めておこうとする者の戦いに戦中戦後の時代背景を絡めて描いた作品。


新潮文庫の夏の100冊キャンペーンでなんとなく手に取った本。
物語の元は実話で、作者が綿密に取材をして書かれたものだそうです。
Amazonのレビューには「読んだら止まらなくなった」人が多いのですが、
私は半分くらいまでなかなか進まず。2回目の脱獄まではちょっと退屈。
3回目の脱獄(網走刑務所)は方法が凄いです。
少ない道具で知恵を働かせてここまで出来るなんて...
4回目の脱獄後、北海道から東京の刑務所に移され、そこの所長さんの情に訴える収監法が秀逸でした。
人間やっぱり情が大事なんだなぁと。
後半はどんどんページが進みました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Designed by 桜花素材サイト